2.広島名所

広島は、中国山地と瀬戸内海という、海と山の両方が楽しめるところです。ですから、その豊かな自然から得られる数々の観光地は、広島ならではのものが多く、非常に魅力的な姿を見せてくれます。その中でも国営備北丘陵公園には、広大な敷地に色とりどりの花が咲き誇っていて、非常に美しい景観を提供してくれています。また、木が天然の橋となっている帝釈峡の雄橋は、日本一の規模を誇るもので、自然の素晴らしさを見せつけてくれます。その他にも、落差30mもある三段峡の滝は、ぜひ一度は見ておきたいものですし、ワイナリーはヨーロッパを感じさせるたたずまいを見せてくれています。その他にも、中国から贈られた白い鵜が見せてくれる鵜飼や、冬にはスキー場でスキーを楽しんだりすることもできます。
そしてさらに広島は、その自然環境を大いに生かした文化にも、一見の価値があるものが多数あります。中でも代表的なものは、世界遺産にも登録されている、厳島神社と宮島です。宮島は特に安芸の宮島と呼ばれて、日本全国にも有名です。平安時代の後期に平清盛によって修築された寝殿造りの社殿は1000年以上の歴史を刻んでおり、長い間神が宿る場所として厚い信仰の対象となっていました。厳島神社の社殿と、海の中に立つ赤い大鳥居は、広島の観光ポスターには必ず載っていますから、目にしたことがある方もいらっしゃることでしょう。写真でさえ見とれてしまうような美しさは、本物を見たらその歴史の重みも感じるほど、素晴らしいたたずまいとなっています。そしてもう一つの広島の世界遺産、原爆ドームは、日本人なら決して忘れてはならない、一度は見ておくべき場所です。1915年(対象4年)にチェコの建築家ヤン・レツル氏によって設計された広島県物産陳列館は、その後広島県産業奨励館と名前を変えて、ドーム型の屋根やヨーロッパ風の造りが美しい建築物でした。それが1945年(昭和20年)8月6日の世界で初めての原爆投下によって、鉄骨やレンガ造りの面影は残って全壊は免れたものの、壁は崩れ落ちて、ドームの鉄骨がむき出しとなりました。この姿は、原爆の悲惨さを伝える歴史的な価値のあるものとして、恒久平和を訴え続けています。1996年(平成8年)12月に世界遺産として登録され、今後も世界中に平和の尊さを訴え続ける象徴となりました。他にも広島で見ておきたい文化といえば、瀬戸内海に浮かぶ島々と、ノスタルジックを感じるお飲みの街の風景などがあります。日々の喧騒を忘れ、ゆったりと時間を忘れて過ごせば、きっと心からのいやしを感じられることでしょう。その他、日本一の距離を誇る路面電車をめぐってみても楽しいものですし、地域に根付いている文化である神楽を楽しんでみても、広島の文化の高さを感じられるでしょう。

そして広島に行ったら忘れてならないのが、「食べること」です。海も山もあるという、素晴らしい環境に恵まれている広島には、おいしいものがたくさんあります。広島のカキはあまりにも有名ですし、広島風お好み焼きも、一度は本場で食べてみたいものです。その他瀬戸内で採れた新鮮なアナゴ料理や、穏やかな風土で育てられた高い肉質の牛肉料理もあります。そして広島の郷土料理である「ワニ料理」も外せません。「ワニ」といっても、本当に爬虫類のワニを食べるわけではありません。広島の方言で、「ワニ」といえばサメのことです。昔から伝わるワニ料理は、先人たちの料理への工夫を感じ頭が下がる思いです。その他にもまだまだ広島の名物はたくさんあります。9月から5月までしか販売されないとち餅や、新たな魅力として注目されて全国的にも有名になった、コクがあるのにあっさりとしている尾道ラーメン、タコ料理やマツタケ料理、豊富な果物などなど・・・。広島の名物を食べつくそうとしても、そう簡単には食べつくすことができないほどたくさんの名物があります。そして、広島からのお土産といえば、もみじまんじゅうです。その他にも、お酒やワインなども広島独自のものがあり、お土産として持って帰れば、きっと喜ばれることでしょう。
そして広島には、温泉もありますし、海にも山にもリゾートホテルやペンションなどもあります。さらにはキャンプ場までもありますから、広島に旅行に行ったら、是非とも泊まる場所にもこだわりたいものです。広島には、泊まる場所も町の夜景を楽しみたいのか、食べ物を楽しみたいのか、温泉でほっくりと過ごしたいのか、どんな選択肢にでも対応してくれる素晴らしさがあります。

広島の魅力を理解するには、一度ではきっと足りないと感じることでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

株式会社NoveLead(ノヴェリード)の会社情報 - Wantedly

最終更新日:2018/10/18